2020年9月にレーザーアキュラシーからPINPOINT Mシリーズが発売されました。

PINPOINT M1300 とM800の2モデルで、PINPOINT Lシリーズの改良版という位置取りのようです。
デザインも一新され、新たな機能も加わりました。

レーザーアキュラシーPINPOINT LシリーズとMシリーズの比較表

PINPOINT Mシリーズで追加された機能

最大計測距離

今度のPINPOINT Mシリーズでは最大計測距離が1300ydと伸びましたが、1300ydというと以下のようなモデルと同程度の計測能力となります。

img メーカー モデル 測定範囲
NIKON COOLSHOT PRO STABILIZED 8~1200yd
ブッシュネルゴルフ ピンシーカープロXEジョルト 5~1300yd
ブッシュネルゴルフ ピンシーカーツアーV5シフトジョルト 5~1300yd

他社の上位モデルと同等の計測距離でありながら低価格に抑えたところはレーザーアキュラシーらしいところで、コストパフォーマンスに優れたモデルとなっています。

ジョルト機能

ピンフラッグを確実に計測したという事を知らせる「ロックオン機能」はLシリーズから引き継いています。
Mシリーズでは、それに加え、バイブレーションでも知らせるジョルト機能も搭載されました。

レーザーアキュラシーのジョルト機能とロックオン機能

視覚と振動によってピンを計測したことを確認出来るということですね。

PINPOINT Mシリーズで無くなった機能は?

LシリーズにあってMシリーズに無くなった機能というと、高低差計測中のLEDランプ。
どちらのシリーズでも高低差計測のON/OFF切り替えは可能で、プライベートと競技会などのプレイシーンで使い分けができますが、Lシリースでは高低差計測のON/OFFを周囲から判別できるLEDランプがありました。

今回のMシリーズではLEDランプは搭載されなかったようです。ちょっと残念ですが。

その代わりというわけではないでしょうが、Mシリーズでは本体に強力マグネットを内蔵して、カートなどの金属部分に装着して移動が可能となりました。

PINPOINT Mシリーズの価格は?

PINPOINT Mシリーズの価格は、Lシリーズから機能を新たに追加されても、ほとんど変わりはないようです。

2020年9月現在、PINPOINT M1300が39,380円から。M800が33,880円で販売されています。(いずれもレーザーアキュラシー公式ヤフー店)

参考記事