キャディトークミニ

キャディトークミニキャディトークミニ
キャディトークミニ の主な機能
  • マジックスロープ(高低差を考慮した推薦距離表示)
  • 高低差計測のオン/オフ機能
  • 正確にピンを捉えるピンファインダー機能
  • 測定が完了するとバイブで知らせするジョルト機能
  • 小型軽量

◆ ピンファインダー機能

キャディトークミニ

ピン方向に向かってボタンを押し続けると、ピンを含め、背後の木や建物もスキャンして、最も近いターゲット(この場合はピンフラッグ)の距離を表示。
ピンフラッグのような小さな目標物でも正確に計測できます。

計測が終了すると「ブルッ」と振動して計測完了をお知らせします(ジョルト機能)

◆ マジックスロープ機能

キャディトークミニ

現在位置から目標物までに高低差がある場合、高低差を考慮した推薦距離を表示。マジックスロープでは、独自の弾道学を考慮した計算で推薦距離を表示します。

また、競技会等でも使用が出来るように、高低差計測のオン/オフを切り替えることが出来ます。

博士

水平距離と高低差角度から「3平方の定理」でおおよその推薦距離が計算出来るわけだが、人によって弾道が違うから、推薦距離はどうなのかな?
レーザーアキュラシーのように、直線距離・水平距離・高低差・高低差角度を表示して、総合判断はゴルファーに任せるという方が良いと思うのだがな。

キャディトークミニ のスペックと評価

ゴルフ レーザー距離計の性能評価
ゴルフ レーザー距離計の機能性の評価
ゴルフ レーザー距離計の携帯性の評価

評価基準についてはこちらをご覧ください。

キャディトーク ミニ の価格