レーザー距離計も以前は試合では使用不可だったのがルール改正によって、アマチュアの場合、ローカルルールが許すなら試合でも使用可能となりました。レーザー距離計に限らず、GPSゴルフナビでも同様です。
しかし、あくまで直線距離を計測するモデルに限られており、コースの高低差を計測できるモデル(スロープモデル)は、以前同様に使用は出来ません。
したがって、競技会では「スロープ機能なし」のモデル、プライベートでは「スロープ機能モデル」と使い分けたいところです。
とはいえ、レーザー距離計というものは、普通の方なら気軽に買える価格では無いですよね。できるなら1台で済ませたいと思います。
プッシュネルの「ピンシーカー ツアーXジョルト」はそんな要望に応えられるレーザー距離計です。
スロープ機能の設定と解除ができる「エクスチェンジ技術」
スロープ機能の設定と解除ができる「エクスチェンジ技術」で、赤いフェイスブレードで「スロープ機能モデル」に、黒いフェイスブレードで「スロープ機能解除」モデルに切り替えられるのです。
スロープ機能が搭載されたレーザー距離計でも、スイッチひとつでスロープ機能を解除できる機種もありますが、それは他の競技者には分かりづらいし、疑われることもあるかもしれません。
「ピンシーカー ツアーXジョルト」なら、スロープ機能のオン/オフが他の競技者からも外見から分かるので、ルールを厳守していることが証明できます。変な疑いを掛けられることもありませんね。