ゴルフ用レーザー距離計の使用ルール
ゴルフ用レーザー距離計を初めて購入する時によくある疑問として
ゴルフ用レーザー距離計はコンペで使えるのか?
というのがあります。
ゴルフ用レーザー距離計は、以前に比べ価格も下がったとはいえ、気軽に買えるものではないですよね。せっかく買ったのに「ルールによっては使えないのかもしれない」という不安からの疑問ですね。
以前は、レーザー距離計やGPSゴルフナビ、スマホのアプリなど、プライベートを除いて、いかなる競技会でも使用不可だったのですが、ルール改正により、ローカルルールで許可されていれば使用が可能となりました。
ただし、直線距離だけを計測する機種に限ります。それは何を意味するかといいますと、ローカルルールで距離測定器の使用が認められていても、高低差計測の出来るゴルフ用レーザー距離計やGPSゴルフナビは使用できないということです。
プライベートのラウンドや身内のコンペなどは、そんなこと問題にしないでしょうけど、競技会などに参加する機会が多い人は、購入前に高低差計測等の機能をチェックしておくといいですね。
ゴルフはルールを厳守するスポーツですから、それに合わせてゴルフ用レーザー距離計も高低差計測機能をオン/オフできる機種も登場してきました。
例えば、ブッシュネルの「ピンシーカープロX2ジョルト」は、「スロープスイッチ技術」という機能があって、スイッチひとつで高低差計測機能をオン/オフと切り替えられます。

ピンシーカープロX2ジョルト

また、同じくブッシュネルの「ピンシーカーツアーXジョルト」は「エクスチェンジ技術」というフェイスを変えて高低差計測機能のオン/オフを切り替える機種もあります。

ピンシーカーツアーXジョルト

更には、NikonのCOOLSHOT PRO STABILIZEDでは、周りの人にも、高低差計測の不使用がはっきりとアピールできる「直線モードサイン」が搭載されました。
COOLSHOT PRO STABILIZED 直線モードサイン

ゴルフは「プライベートや仲間内のコンペくらい」という人には全く関係のなく、お好きなゴルフ用レーザー距離計を選べますが、競技会などでの使用を考えている方は、購入前に上記の事を一考されることを勧めます。

以下の記事も参考に