ゴルフ用レーザー距離計をネットショップで購入する時に注意する事とは?

ゴルフ用レーザー距離計というのは、お魚や野菜などと違って、どこで購入しても品物は同じです。魚や野菜なら、「あそこのお店が新鮮!」とか「◯◯のお店は品物がいい!」などということがありますが、レーザー距離計の場合はそういった事が無いですよね。

ですから、どこで購入しても同じものなら、「少しでも安く!」とか「サービスの良い店!「ポイントが高い店!」などといった点で選ぶわけですね。
当サイトでもYahoo・楽天・amazonを比較して一番安い価格のショップを紹介しています。

この3つのサイトを調べれば、価格が安かったりポイントなどのサービスが多かったりするショップが必ず見つかるからです。

そこで、ゴルフ用レーザー距離計に限りませんが、Yahooや楽天、amazonなどのネットショップで購入する時に注意したい点を紹介します。

ショップの情報

必ず注意したいのがショップの情報ですね。

ゴルフ用レーザー距離計の場合、Yahooや楽天では、◯◯ゴルフやゴルフショップ◯◯といったショップ名が多く、いずれも名のあるゴルフショップですが、たまに分かりづらい名前のショップが販売していることがあります。特に、聞き慣れないメーカーの激安のレーザー距離計などを販売しているショップでは注意が必要です。

その場合は、注文する前に会社の情報をチェックします。「会社概要」や「特定商取引法」などのページでショップの住所や責任者、連絡先などが記載されているはずです。

たとえばYahooの場合ですと、商品ページの上方に「会社概要」といったボタンがあります。

会社の住所や責任者、連絡先や電話番号/FAX番号などしっかり記載されていれば安心出来るショップと判断できます。

博士


それでも不安なら、記載されている住所をグーグルマップなどに入力して、その住所がある場所の様子を見るとよいです。
楽天でもYahooにしても、ショップの参入が緩くなったのか、住所や電話番号が架空のものでもショップとして運営しているところもあるようですからね。

私がチェックしたショップでも、住所に「〇〇町6丁目」と記載されていても、実際は2丁目までしか無い町名だったということもありました。
こんなショップだと購入後のサポートや保証なんて期待できませんよね。

同様に楽天でも会社概要というボタンやリンクがあるはずです。

amazonはちょっと分かりづらいのですが、商品ページ右にあるカートボタンの下に記載しているリンクから確認できます。

「この商品は、●●が販売し、Amazon.co.jpが発送します。」

この、●●がショップ名で、そこをクリックすると出品者情報のページに飛び、特定商取引法に基づく表記を確認できます。

博士

激安のゴルフ用レーザー距離計だと中国(CN)のショップが多いですね。

このあたりは自己判断で。

問い合わせをしてみる

もう一つは、問い合わせのレスポンス。
問い合わせの出来ないショップは論外として、どのショップでも問い合わせのページはあるはずです。


ユピテル:https://www.yupiteru.co.jp/

メールや電話、チャットなど、商品や購入方法などの問い合わせをしてみるべきです。

営業時間内に電話やチャットがつながらない、メールで問い合わせても返信が遅かったリ、最悪の場合、返事すら無いようなショップはダメだと思います。そんなショップに購入後のサポートや保証など期待できませんからね。

僕もレーザー距離計の機能や使い方についてメーカーやショップなどに問い合わせる事がよくあるのですが、自動返信の「問い合わせありがとうございます。・・・数日以内にご返事をさしあげます・・・」と返事が来たっきり返事が無い事もあります。

そんなショップで購入したレーザー距離計に不具合があったらどうします?

ちゃんとしたメーカーやショップなら、問い合わせの返信も早く丁寧な文面でかえってきます。僕なら絶対そのようなショップを選びます。

以上、僕なりの「ゴルフ用レーザー距離計を購入する時に注意する事」を紹介しました。ご参考になれば幸いです。