スティンガーd-01

スティンガーd-01スティンガーd-01

スティンガーd-01 の主な機能

  • ジョルト機能
  • 高低差計測
  • 高低差計測のオン/オフ切り替え
  • ピンフラッグ機能
  • スキャン機能

高低差計測のオン/オフ切り替え

直線距離のみ計測するプロモードをオフにすると、高低差計測が可能。
勾配角度と直線距離を表示後、高低差を考慮した打つべき距離を表示します。

高低差のオン/オフを切り替えるにはアイピースの周りにあるリングで切り替え。
通常は高低差計測可能だが、リングを押し込めば、プロモードとなり、直線距離のみ表示になります。

スティンガーd-01

博士

2019年からの新ルールに対応した機能だな。
周りプレイヤーからも明確にオンオフが判るから気兼ねなく使えるぞ。

ジョルト機能

計測が完了すると本体を「ブルッ」っと震わせるバイブレーションでお知らせします。

博士

ブッシュネルのジョルト機能と同じだな。
計測結果が0.3秒で出るらしいから、バイブより先に計測結果が表示されるんじゃないかな。

ジュニア

メーカーの「ドリップ」ってどう?

博士

スポーツ用品の企画や開発、販売事業を行っている京都のメーカー。
ゴルフ用レーザー距離計では「キャディトーク」があるぞ。

ゴルフに関してのグッズも面白いものがあって、僕も以前に買ったのですが、マジックティーというものがあります。
マジックティー
マジックティー

スティンガーd-01 のスペックと評価

ゴルフ レーザー距離計の性能評価
ゴルフ レーザー距離計の機能性の評価
ゴルフ レーザー距離計の携帯性の評価
ゴルフ レーザー距離計の価格の評価

評価基準についてはこちらをご覧ください。

スティンガーd-01 の価格