2018年8月現在 4万円~5万円未満で購入できるレーザー距離計は以下の機種
この価格帯の機種は最大計測範囲も1000yd前後と、どれを選んでも安心して使えると思います。
ピンシーカーのレーザー距離計は全て最大測定範囲が1000ydを超え、ピンシーク機能に、測定完了をバイブで知らせるジョルト機能を搭載。
ピンシーカースロープ ツアーZ6ジョルトでは、周囲の明るさに影響されることなく、高コントラストな表示するVDT(ビビットディスプレイ技術)搭載
ピンシーカー ツアーV4ジョルトはピンシーカーのモデルでは最軽量の159g

ブッシュネルのピンシーカーも以前に比べると、小型軽量になりましたね。

COOLSHOT PRO STABILIZEDはNikonの最上位機種で、様々なテクロノジーが搭載されています。

  • STABILIZED(手ブレ補正)機能
  • 約0.3秒で測定結果表示
  • 測定完了が判る「LOCKED ON」機能
  • 高低差を考慮した距離目安を表示する「ID TECHNOLOGY」
  • 高低差計測のオンオフが外見からわかる「直線モードサイン」
  • 約8秒間の連続測距ができる「連続測定」機能
  • 近くの目標物を優先する「近距離優先アルゴリズム」

など。

4万円台の価格なら、多くのテクノロジーを搭載したNikonのCOOLSHOT PRO STABILIZEDにも食指が動きますし、機能・性能など安心感ではブッシュネルの機種を選ぶかなと。

結局、このクラスならどの機種を選んでも間違いはないのかもしれない。
あとは、「競技会で使用できるか」ということで、高低差計測が搭載されているか否かで選択が分かれるのではないでしょうか。