GPSゴルフナビ機能を搭載したレーザー距離計のメリットとは?

ゴルフで距離計というと「レーザー距離計」と「GPSゴルフナビ」があります。

最近の距離計は少し前に比べ、かなりの進化をしているとはいえ、どちらにも一長一短があります。

両方持っていけばいいのですけど、「ラウンド中の持ち運びが面倒では?」と思う方も多いと思います

GPS搭載のレーザー距離計

そんな不満を解決すべく、レーザー距離計とGPSゴルフナビが一体化したモデルも登場してきました。

2019年12月現在、当サイトで紹介したレーザー距離計の中で、GPSゴルフナビの機能が搭載された機種は以下の機種。

ボイスキャディ GL1
VoiceCaddie GL1
ガーミン Approach Z80
Garmin Z80
ボイスキャディ ハイブリッドGPSレーザーSL1
VoiceCaddie SL1

先日、実際のゴルフ場でVoiceCaddieGL1を使ってみたのですが、思った以上に使い勝手がよく、GPS搭載のメリットを感じることができました。

ピンの計測のミスが無い

GPSを搭載した一番のメリットといえば、誤った計測が無くなることだと思うのです

レーザー距離計を使ったことの有る人なら経験があると思いますが、ピンを測定したつもりでも、実は「背後の樹木を測定していた」ということがあると思います。

GPSを搭載したレーザー距離計は、ピンを測定する時点で、グリーンのフロントや奥の距離が画面で確認出来るわけです。

GPS搭載のレーザー距離計

VoiceCaddie GL1 image

したがって、レーザーでピンを計測した距離というのは、GPSで計測して表示してあるグリーンエッジと奥の間の距離でないとおかしいわけですね。

もしGPSで計測表示してあるグリーン奥の距離より長かったら、背後の樹木等を計測していたことになります。
そのような計測ミスもファインダー内で確認出来るので、ピン測定のミスが無くなるというわけです。

そのGPS搭載のメリットをうまく利用しているのがVoiceCaddieの「GPSピンアシストモード

http://www.voicecaddie.jp/html/page16.html
博士

GPSによってグリーンエッジと奥までの距離が判っているから、グリーン奥から先と、エッジから手前にある物は計測しないようなアルゴリズムになっているんだろうな。つまり、グリーン上にあるもの(ピン)以外は計測しないということだな。
これなら確実にピンを計測出来るな。確かに、こういった使い方は理にかなっていると思うな。

バンカーや池までの距離が判る

バンカーまで何ヤード? 池に入らない距離を打つには何ヤード?

こんな時には、レーザー距離計で池手前の縁を計測したり、バンカー手前を計測しますが、実際はバンカー手前の縁とか、池の手前の縁に正確にレーザーを照射するのは難しいです。

上り傾斜ならなおさらムリですよね。だいいち、縁が見えませんからね。

そういった場合はGPSゴルフナビの出番となるわけですね。


Garmin Z80 Image

ファインダー内に、GPSで計測したハザードまでの距離が表示されているので、レーザー機能は使う必要もないかもしれません

普通のレーザー距離計にくらべ、計測に時間がかからない点もメリットです。

ゴルフ場データの更新は?

GPSで測定するのですから、日々更新されるゴルフ場のコースデータはどうなるのか?といった疑問もありましたが、コースデータの更新はGPSゴルフナビ同様に、メーカーのHPやユーザーサポートからダウンロードして更新できます。

正直、最初の「GPSゴルフナビと一体化したレーザー距離計」を見た時、昔のテレビとビデオが一体化したテレビデオを思い出しましたね。
どっちかが壊れたら両方の機能が使えなくなるんじゃないかと・・・

GPSゴルフナビを搭載したレーザー距離計を見た時も同じような疑問をもちました。

  • GPS受信ができなくなったら?
  • コースデータが更新できなくなったら?

もし、何年か先に、このような事になっても大丈夫です。
GPS機能が無くとも普通にレーザー距離計として使えますからね。

デメリットは無いのか?

デメリットといえば、やはり価格でしょうか。いまのところ、GPSゴルフナビの機能を搭載したレーザー距離計の実勢価格といえば6万円~7万円。
贈り物ならまだしも、一般的に、個人で「ちょっと試しに買ってみよう」といった価格では無いとは思います。
と、僕は思うのですが、「そんな程度は屁でもない!」という人もいるでしょうね。なんとかコインが40億や50億盗まれても大した騒ぎにならない時代ですからね。やっぱり、そのあたりは人によって違いがあるのでしょうかね。

ただ、GPSゴルフナビとレーザー距離計の2つを揃えようとすれば、やはりそれくらいの価格になってしまいますからね。

レーザー距離計は末長く使える事や、ラウンド中の持ち運び、使い勝手などのメリットがありますので、価格的な面は考え方次第だと思います。